タイアップアーティスト

当社は上海を拠点に活躍する著名アーティストとタイアップしさまざまな作品の開発をしています。
アーティストと合わせて、完全オリジナル制作された作家コラボ作品をご紹介致します。



■ ジュディ・オング倩玉



歌手として、女優として世界を舞台に活躍するジュディ・オング。
25歳の頃に出会った木版画に魅せられ、棟方志功門下の版画家、井上勝江氏の門を叩きます。
「ジュディオング・倩玉」の雅号で活動する彼女のテーマは、一貫して「日本家屋」と「花」。
大胆な構図と木版画ならではの力強い線と細かな細工で表現される日本家屋は墨黒を基調として奥深く、繊細で艶やかに表現される花は見る人を魅了します。
日展入選は13回を数え、2005年には「紅楼依緑」で特選を受章するなど、輝かしい実績を残しています。
現在、国内はもとより、ドイツ、フランス、中国台湾でも個展を開き、その実力は世界的に高く評価されています。


25歳の頃棟方志功門下生の井上勝江氏に師事し木版画をはじめる。

1983年木版画「冬の陽」第15回日展入選(1回目)
1984年木版画「油屋その2」第16回日展入選(2回目)
1985年木版画「揚屋」第17回日展入選(3回目)
1993年中国蘇州版画院の依頼により版画親善大使となる
1994年木版画「琉球朱夏」第70回記念白日会展入選
1995年木版画「たったひとつのTonight」第71回白日会展入選。
白日会正会員になる
1999年木版画「雨過苔清」第31回日展入選(4回目) / ドイツにて木版画展開催
2000年木版画「微風柔水」第32回日展入選(5回目) / フランスにて木版画展開催
2001年木版画「秋白楓紅」第33回日展入選(6回目)
2003年木版画「鳳凰迎祥」第35回日展入選(7回目)
2004年木版画「相馬樓」第36回日展入選(8回目)
2005年京都・宇治の平等院へ「鳳凰迎祥」奉納木版画「紅楼依緑」第37回日展特選受賞国立台湾芸術大学にて客員講師を務め、版画芸術家證書を授与される
2006年木版画「金閣瑞雲」第38回日展無鑑査出品日展会友の任命される
2007年木版画「仙橋抱翠」第39回日展入選(9回目)
2008年木版画「涼庭忘夏」第40回日展入選(10回目)
北京・中国美術館にて木版画展開催
2009年木版画「萬壽亭」第41回日展入選(11回目)
2010年木版画「廊橋浅秋」第42回日展入選(12回目)
2011年木版画「華燈翠園」第43回日展入選(13回目)
2012年台湾・国立国父記念館(台北)、高雄市文化中心(高雄)にて木版画展開催
現在、日展会員、白日会正会員

 

Tiup01

●ジュディ・オング倩玉氏の代表作

Tiup02 Tiup02
『いとぎく』 『てんぎく』
Tiup02 Tiup02
『夏窓』 『花しょうぶ その2』
Tiup02 Tiup02
『祇園白川』 『紅楼依緑』
Tiup02 Tiup02
『鳳凰迎祥』 『涼庭忘夏』

 


■ 陳 逸飛


 

画家 中国油絵画家の最高峰の一人

1946年 4月12日 中国浙江省鎮海生れ
1965年 上海美術大学卒業。
1980年 学位取得のため、米国ニユーヨークのハンターカレッジに留学。
短期間のうちに高い評価を得、アジア、ヨーロッパで個展開催。
1984年 Dr.ハマーのギャラリーで開催された第2回個展は米国内で大きな反
響を呼び、双橋を描いた「故郷の回顧」は、高額にてハマー氏に買
上げられ、訪中時に鄧小平氏に贈られる。またこの作品が国連の初
日カバー図案に採用されたことで、さらに知名度をあげる。
その後、上海田子坊に活動拠点を移し、絵画、彫刻、設計、映画、
ファッション、出版など多彩な活動を展開。
2000年 代表的彫刻『東方少女』制作。
2005年 逝去

 

Tiup01

 

●陳 逸飛氏の代表作

Tiup02

『潯陽遺韻』

 

Tiup03 Tiup04
『笛手』 『橋』

 

●タイアップ作品


 

Tiup05

 


■ 陳 家泠


 

中国美術界の巨匠
上海大学美術学院教授

1937年 中国浙江省杭州市に生まれる。
1963年 浙江美術学院を卒業。上海美術学院で教鞭をとる。
1983年 上海大学美術学院中国画学科教授に就任。
1989年 香港「万玉堂」で個展。
1991年 香港・台北・ソウルで個展開催。
1996年 上海華粋芸術センターで開催する「上海画家三人展」に出展。
2000年 文芸サロン「上海申窯」を創設。
2001年 大阪での「アジア平和美術展」に出展(美術世界株式会社が主催)
2003年 半島陶芸館を創設。「泠窯」を創設。
2004年 個展「和為貴」が東京で開催(ギャラリー美術世界)
2007年 上海中国画院・中国美術館・上海美術館で個展開催。
2008年 スペインバレンシア現代美術館「中国当代水墨画展」に出展。
2009年 広東美術館で個展開催。
2010年 陝西美術館・浙江美術館で個展開催。
2013年 北京国家博物館で大規模展覧会開催

Tiup06

 

●陳 家泠氏の代表作


 

Tiup07

「江南春意」

 

Tiup08 Tiup09 Tiup10 Tiup11
「春」 「夏」 「秋」 「冬」

 

●タイアップ作品


 

Tiup12

『蓮花図花瓶』

Tiup14
『黄山』    

『桂林』

Tiup13

『香蘭』

 

Tiup15

『作者との写真』

 


■ 王 小慧


 

写真家、映像作家、建築家、文筆家

1957年中国天津生まれ、ドイツでの旅居生活を送っている。
1986年上海同濟大学建築学修士号を取得。約20年前にドイツに留学。
芸術創作、執筆活動の傍ら、同済大学やミュンヘンのUniversity of Technologyで教鞭をとるなど精力的に活動をしている。
世界各地の有名美術館なで個展を開催し、数多く国内外の賞を受賞。
作品は多くの機関やコレクターに収蔵されている。
国内外に約40の写真作品集と本を出版。
中国国内に出された『私の視覚日記』が社会に広く反響を呼んでおり、カリスマ的アーティストとして大きな人気を誇っている。

 

Tiup16

 

 

●王 小慧氏の代表作


 

Tiup17

「粉面桃花No.1」

Tiup19

「粉面桃花No.17」

Tiup18

「上海花园No.4」

 

 

●タイアップ作品


 

Tiup21

王小慧女史と川瀬

Tiup20

「粉面桃花No.1」


取扱商品

四季彩社は日本美術品と伝統工芸品を専門に取り扱っております。

続きはこちら

展示会

西陣織展示会・仁科亜季子トークショーを企画・主催しております。

続きはこちら

中国での活動

タイアップアーティスト・取扱作品・中国での活動を紹介しております。

続きはこちら

運営企業

株式会社 四季彩社
TEL:03-5369-2521
新宿区信濃町18番マヤ信濃町二番館1F

続きはこちら

Copyright (C) 2013 shikisaisha.Inc. All Rights Reserved   会社案内  個人情報保護方針